ブログ

担任の先生が実感した子どもの変化の源は、親が子どもに話すこと

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

 
 
12月に入り、学校では冬休み前の
面談の時期ですね。
我が家の小学6年生の息子の学校でも
先日個人面談がありました。
 
 
やっぱり学校の先生と話すことは
毎回緊張しますね。
 
 
何を言われるんだろう・・・
きっとまた出来てないことのオンパレードか?!
など、マイナスムードで臨みがちです。
 
が・・・
面談冒頭、担任の先生からのお話は
予想外のことでした。
先生のお話はコチラ↓
 
 
「夏休みがあけた頃に比べると
とても穏やかに過ごしています。
おうちの方が〇〇さん(息子)に
お話ししてくださったことで
変わったのだと思います。
おうちの方が話すということが
どんなに大きなことか
やっぱりすごいんだなと
すごく思いました。」
 
 
子どもにとって
先生の言葉よりも、
親の言葉の方が効果的
ということのようです。
 
 
 
夏休み明け。
とにかく先生が嫌い!イヤだ!
とずっと言っていた息子。
先生を「あの人さぁ~」と
あの人呼ばわり。
挙げ句に「ば~か!」とか
平気で先生に言っちゃう社会性のなさ。
空気読まないというより読めない。
発達障害 自閉症スペクトラムには
あるあるなことではありますが、
言葉遣い、使い分けなど
マナーや社会性において、
「発達障害」が言い訳として
学校ではもちろん、
社会では通用しません。
 
 
そして、先生が嫌いだからと
保健室登校もありました。
※詳しくはコチラ
 
なぜにそんなに先生を毛嫌いするか
親の私でも完全には理解できませんでした。
 
先生からしても同様に
「なぜ?」という気持ちで一杯だったでしょう。
長年の経験の指導が通用しないわけですから
困り果てたという気持ちだったと思います。
 
でも、
息子の希望である
小学校生活このまま先生が嫌いで
終わらせたくない!
楽しくみんなと過ごしたい!」
を実現するために、
とにかく出来ることをやるしかありませんでした。
 
 
出来ること
それは、
「聴く」と「視点を切り替えて話す」を
くり返す
 
 
「聴く」それは、
息子の気持ちや考えを
息子の言葉で聴くこと。
 
 
「視点を切り替えて話す」それは、
先生からみた気持ちや考えの可能性と
他の人から見た気持ちや考えの可能性を
伝えること。
 
 
 
発達障害、自閉症スペクトラムの
特性上、相手の立場に立って考える
ということが弱いです。
 
 
だから、
どうしても自分中心になってしまい
相手の都合や相手の気持ちに気づけません。
白黒思考、両極端な考え方のため
自分は正しい、被害者で、
先生が間違っている、悪い、
と決めつけがち。
友達関係でも同様です。
 
 
これを続けていたら、
他者に対して批判ばかりし、
付き合いづらい人という印象になり
息子本人は生きづらさを強く抱え
孤立することになり兼ねません。
それは、自立や自律への道を
自ら閉ざしてしまうことにも
なり兼ねません。
 
 
トラブルや問題の渦中では
本人は勿論、関係者は辛いです。
 
 
でも、家庭や親子の会話の中で
本人だけではなく
相手、他者の視点の話しもして
ゆくことで、
「そうなんだ!」
「知らなかった。」
「分からなかった。」と
相手のことを知る、考えるきっかけになり
それは、自分の言動を振り返るきっかけ
にもなります。
 
 
 
先生のことを
嫌いだ!イヤだ!あの人!と
嫌って保健室登校までしていた
息子が、どれほど変化したか・・・・・
 
 
 
担任の先生のお話しでは、
 
 
多少の社会性に関するトラブルは
あるにせよ、
 
毎日授業に参加できている
ノートや課題もできている
分からないことを
周りの友達に聞くことができている
困ったことがあると
先生に相談しいにくることができている
できない、分からない、忘れたを
正直に先生に言えるようになっている
 
 
こういった息子の言動の変化は
担任の先生からみて、
とても大きな驚きだったようです。
 
 
 
そして、親の私から見ても
息子の変化に驚きがありました。
 
 
それは、個人面談前に先生に何か
言っておいてほしいことがあるかを
息子に聞いた時のことです。
息子は、以下のことを先生に
言っておいてほしいとのことでした。
 
 
 
「席替えで、嫌いな人から遠い席に
してほしいとお願いしたら、
離してくれたことと
(実際に距離が近いとすぐにトラブルに
なりかねないため離すことが正解だと
先生は判断した様子。)
 
授業中も分からないことをちゃんと
教えてくれること、すごく感謝してる
って言っといて。」
 
 
 
「感謝してる!」という言葉が
息子の口から出てきたのには
本当に驚きました。
 
 
 
社会性が弱い。
白黒思考。
相手の立場に立って考えられない。
空気を読めない。
完璧主義。
 
 
発達障害、自閉症スペクトラムには
そういった特性は確かにあります。
その分、理解されづらい事も多く
トラブルも多いかもしれません。
決して悪気があるわけではなく、
なぜだかトラブルになってしまう。
それを生きづらさ、といったり
育てにくい、といったりもします。
 
 
でも、対話を繰り返し、
偏らないように様々な視点と可能性を
伝えることで、
知らない、分からないが
そうだったんだ、という気づきになり
他者の言葉や考えや気持ちをしり、
自分だけではできないことを
他者にお願いしてできるようになる
そういう人とのかかわり方を
自ら出来るようになるんだなと
実感しました。
 
 
そこには、学校の先生は勿論
息子のクラスの子供たちの理解も
あったと思います。
 
 
ハッキリ言って、
学校の先生にあまり期待はしていません。
 
でも、
我が子に対して対話をくり返すのと同様に
学校の先生に対しても対話を繰り返して
いくことで、理解や協力を得られることは
あります。
 
 
だから、
我が子に対しても、
学校の先生に対しても、
親として、必要だと感じたことは伝え
子どもの将来、幸せのために
協力関係を築けたことは
親としても成長ができたと感じています。
 
 
息子の小学校生活もあと約4ヶ月間。
気が少し早いですが、中学進学に向け
進学予定先の中学校校長と特別支援の
先生と先日面談をしてもらいました。
次回、そのことについて、書きたいと思います。
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.