ブログ

褒めることを頑張るよりも大事なこと

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。




昨今の子育てでは矛盾が多い!
子育て論と言ったほうがいいかもしれません。

かつて私は、
「褒めない」「褒められない」親でした。

私と同じような方の話を見聞きし、
代表的要因5つに気づきました。
詳しくはコチラ
子育ては褒める?褒めない?褒められない?(発達障害)



この
「褒める」「褒めない」「褒められない」
ですが、どれがいい、悪い、
ということではありません。



特に、「褒める」「褒めない」
ということについては
「嫌われる勇気」で有名な心理学者
アルフレッド・アドラーは
そもそも子育てにおいては
「褒める」「叱る」ではなく
「勇気づけ」が大事だと言っています。
 
 
 
一体、何がいいのか、
一体、何が良くないのか
一体、何をどうしたらいいのか
ますます分からなくなります。
 
 
 
子育てに悩めば悩むほど
自分の子育てへのダメ出しを繰り返し
自分の子育てに自信もなくなり
自分そのものに対して
「母親資格」の烙印を押し続けて
辛さが増すだけです。
 
 
我が子と一緒にいるのが辛い・・・
 
 
私はそのように感じることが多くありました。
更には、そう感じる自分を更に
「ダメな母親だ。」と思っていました。
 
 
子どもを怒鳴り、
時に叩いてしまっていたことについて
「虐待をしてしまうのではないか。」と
自分のことが怖くなって
虐待電話相談にも何度も相談しました。
 
 
「お母さんのしていることはダメです。」
と言われるたびに
「ああ、やっぱり私はダメな母親。」と
自分のダメさ加減を確認しては
生きること自体に辛くなったことも
ありました。
 
 
 
子育ての悩みに対して
傾聴してくれる相談機関や人は
多くなったと思います。
 
場合によっては、
子育ての良し悪しを評価する
人や情報も多くなりました。
 
情報が増えて
うまくいく方法論やテクニックを
教えてくれるところも増えています。
 
 
でも、その本質を教えてくれるところは
あまりないように思います。
 
 
この褒める、褒めない、褒められないも
傾向として見られる要因がありますが
大事なのは・・・
 
 
 
観察と関心です。
 
 
 
 
子ども、そして自分の観察。
 
子ども、そして自分に対する関心。
 
 
 
子ども、自分を良く分かっていないと
褒めるも、褒めないもしません。
 
 
子ども、自分に関心を持っていないと
褒めるも、褒めないもしません。
褒められないと悩むこともありません。
 
 
 
褒める、褒めない、褒められない
といった要因はありますが
表面的な出来た、出来ないに
捉われるのではなく、
そこにある本質である
「関心と観察」の意識をもって
子どもだけでなく、
自分自身と関わってみることが
必要です。
 
 
 
 
私は、息子と一緒にいるのが辛く、
注意、怒る、怒鳴ることはできても
褒めることはできませんでした。
 
 
 
自分が褒められた経験もないから
ダメなんだとも思っていました。
が、そう思っても、
日常生活は変わらないのも事実
 
 
 
繰り返し相談していた児童相談所で
幸いにも「ペアレントトレーニング
を相談所の所長さんに教えて頂いた時
こんなことを言われました。
 
 
 
「子どもは十人十色。
だから、子育ての仕方も十人十色です。

愛情を注ぎましょうとは
よく世間では言うけど、
お茶じゃないんだから
注げと言われても見えないし
分かりませんよね。

褒めることがいいと言われ
分かってはいるけど
出来ないということもあります。
 
褒めようと頑張るよりも
まず、子どもを観察してみましょう。
 
 
観察するって関心がないと続けられないです。
ペアレントトレーニングを通じて
「関心を持って観察する。」
ということをすると、
子どもの特性、考え方、感じ方など
自分との違いにも気づきます。
オモシロイと感じることも
逆に、イヤだなと感じることも分かります。
 
 
 
それがいい悪いじゃなく、
子どもや自分のことに
色々気づいて、分かって
そこからがスタート!
 
 
 
どうやって褒めるを伝えるか、
どうやってかかわっていくか。
 
 
 
子どもや自分のことを
関心をもって観察していくことで
躓いても、悩んでも、
自力で立て直すことができるよう
なります。
 
 
そして、その経験は
子どもにも伝えていけるように
なります。
 
 
 
 
 
 
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.