ブログ

小学校最後の運動会

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

 

今日は朝からひんやりしていますね。
さて、今日は我が家の息子小学6年生。
小学校生活最後の運動会の日。

 

小学6年生は親子で二人三脚の
競技があります。
今朝、練習しましたが、ちょっと微妙。
大丈夫かな・・・転びそうな予感。



今年はコロナの関係もあり、
応援合戦はペットボトルにビーズを入れた
応援グッズ。例年とは何もかも違います。

 

が、最後の運動会。
息子が休校明け、様々なことに悩み、
先生ともちょっと衝突し、
勉強にも嫌になり、
教室にも嫌になり、
保健室登校し、
個人面談の時期じゃないのに
三者面談し、
先生からもいろいろと言われ、
親子で話し合い、
と、短期間でギュッと
凝縮した学校生活を送ってきました。

 

納得した、ということは
十分なかったでしょう。

 

納得した、ということが
十分でない場合、
息子のように、発達障害
自閉症スペクトラムの特性を持つ
子ども(大人も)にとっては
不満の種になりやすいですが、
それでも、本人なりに
折り合いをつけて、
随分と頑張っていました。


今日はその発表会。

運動会のたびに、
子供の成長を目の当たりにし、
その分、
私は親として、
成長しているか、
しっかりできているか、

 

と、考えさせられることが多いです。
今年もきっと・・・

 

息子の成長をこの目で見られる幸せ。
そして、
息子の頑張りをこの目で
見てきます。

 

その前に、数年前の運動会で
感じたことを振り返ってから。


運動会で子どもから渡された○○○と○○

 

 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.