ブログ

子育てつらい〜相談して失望したことがあるから、親としても福祉職としてもわかること

更新日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。


子育てや家庭のこと、家族のことで
悩んだとき、
あなたには相談する人はいますか。
 
 
 
数年前、過去の自分のことを振り返って
批判を受けることも覚悟で、
この記事を書きました。
 
 
 
 
今でこそ息子の特性を知っているし理解しています。
息子の特性、それは、
発達障害 自閉症スペクトラム(ASD)
 
 
言われてみれば、確かに1歳前後から
こだわりが強く、一旦泣くと烈火のごとく
泣き叫ぶ。昼夜問わず泣き叫ぶ。
夜泣きも酷い。
布団においた途端に泣き出す。
そして、昼寝もしない・・・
 
 
公園からは帰ろうとしない。
「ご飯食べる時間なくなるよ。」
「お腹すいちゃうよ。」といっても、
『ごはんいらない。遊びたい。』
と公園遊びが大好き。
酷いと19時過ぎまで付き合わされた。
 
 
 
保育園で遊びに夢中になってると
気が済まない限りは帰れない。
気持ちの切り替えに30分以上。
戦隊、ライダー関係は歴代全てを暗記。
グッズもお人形?フィギュアーも
揃えたいとこだわり発揮!
並行してミニカー、工具のおもちゃ、
絵本など、こだわるものがいろいろ。
 
 
とくに、
寝る前に枕元に大好きなミニカーを
一列に並べる。
(小学6年生の今でも、枕元にお気に入り
のものを並べるのは変わらない。)
 
 
トム&ジェリーやおさるのジョージといった
単純明快なストーリーが大好き。
DVDを見ると、同じシーンを
何度も繰り返し巻き戻しと再生。
「また?みるの?」
「まだ?みるの?」
何度も思った・・・
 
 
子育てに悩んで
実家の母にこういったことがありました。
 
 
 
「この子の取扱説明書が欲しい・・・」
 
 
 
今では、毎年担任の先生に
息子の「サポートブック」をお渡しするほど
息子の専門家です!
息子の応援隊長です!と自信を持って言えます。
 
 
が、当時、まだ息子が保育園から小学1年生
ころまでは、息子の特性にも気づかず、
本当に子育てに悩んで辛かったです。
 
 
悩んだときに、
児童相談所、役所の子育て相談、
保育園や学校の先生、学校カウンセラー
などを頼りましたが、
私にはどれも合わなかった。
 
 
だから、悩んでいる親として
助けて欲しい!と感じながらも
あなたにはもう相談したくない!と
真逆のことを感じることが沢山ありました。
ひと言でいうと、
 
 
いわゆる専門家、支援機関に相談することに失望した・・・
 
 
というのが本音です。
だって、
杓子定規のようなことしか
言わなかったり、
批判めいたことや様子を見ましょうで
終わってしまっていたから。
 
 
そんなことは分かってるのよ!
様子を見る間、
この辛さを続けなきゃらなにの?!
もう、限界だから話してるのに・・・
 
 
ちっとも、気持ちを分かってもらえない。
すごくつらかったです。
だから、、、、

諦めた

 
 
 
誰かにどうにかしてもらうんじゃなく、
自分が子どもの専門家になればいい!
自分でどうにかできるようになろう!
 
 
そして、年月が流れて、
悩みを抱えるお母さんたちのサポートや
発達障害や精神疾患をもつ成人のかたの
サポートをする側になった今、
 
 
私のように、相談することに失望した方の
少しでもサポートができればと思い
この駆け込み相談室を主宰しています。
※相談室については下記LINEやHPを
ご参照ください。
 
 
 
今、障害福祉や介護などの分野に
支援者を増やそうと国も頑張っています。
実際に、
福祉職としてジョブコーチ、ジョブサポーターの立場から
発達障害、精神疾患をお持ちの方の
サポートをし通じて
同じ福祉職の方にお会いしますが、
発達支援、障害支援の
「場」や「数」は増えていると思います。
 
 
 
でも、反面、
支援者の「質」は課題があります。
 
 
 
当事者の表面的、内面的ニーズを
キャッチに遅れてしまう
表面的なことだけみて判断し
必要な支援の提案ができない、
など、残念ながら多いです。
 
 
そして、支援者側も、
当事者の課題や問題解決よりも
支援者間の関係性を重んじてしまったり
役割として出来ないからと諦め、
当事者の問題や課題を解決できる
機関や人に繋げることもしない
ことも見てきました。
組織の中でかけあっでも、私の力不足で
連携には至らないこともたくさんありました。
 
 
とても、残念なことです。
 
 
 
支援者だから完璧という訳ではありません。
でも、支援者もさまざまというのが実態。
 
 
だから、
複数の支援者、支援機関とつながりながら
頼れるところは頼り
でも、頼りっきりではなく
家族でサポートできそうなことは
学びながら挑戦していく
そんな姿勢が必要かもしれません。
支援者や支援機関と家族や家庭
での両輪サポートで
大切な家族、子どもや自分をサポートしたり
自分の悩みに対処していくことが必要。
 
 
そして、私たち自身が
自分にあった支援者を見抜く力
も今後は必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.