ブログ

発達支援における「失敗させない」ことの本質

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。



今朝のこちら↓の続き。
 
関わりにおいて、大事なことは
 
 
 
失敗させないようにすること
 
 
 
だとお話ししました。
ただし、こうもお伝えしました。
 
 
なんでも、かんでも、やってあげる
ということではありません。
 
 
失敗させないようにする
 
 
それは・・・
 
 
 
 
 
子どもの体験が
成功体験になるか、
失敗体験になるかは
親や周りの大人のかかわり方次第
 
 
 
 
親にも、子ども自身にも、
起きた出来事は変えられません。
結果も変えられません。
つまり、<事実>は変えられません。
 
 
 
でも、
 
 
 
その事実に対する<意味付け>は自由。
 
 
 
ポジティブ(前向き)に捉えるか、
ネガティブ(失敗)に捉えるか、
どっちも選べます。
 
 
 
子ども、大人など年齢に関係なく
人間はどちらかというと、
物事をネガティブに捉えがちです。
自動的にそうなっちゃいます。
 
 
 
特に経験の少ない子どもは
うまくいかなかったり、
期待通りではないことに対して
ネガティブに捉えがち。
そして、発達特性をもっていると
そのネガティブの程度が極端!
 
 
 
ちなみに・・・
成人の発達障害の特性を持つ方々も
程度の差こそあれ、
注意されたり、怒られたりすることが
多かった過去を多くの方が持っており
ほんの少しの想定外や期待外れ、
初めてのことに対して、
ネガティブな捉え方をすることが多いです。
 
 
 
 
でも、
 
 
 
結果がどうであれ、
本人がネガティブな捉え方をしても
 
一緒にいる親や周りの大人が
違った角度の視点から
 
その子に届く言葉
その子の頑張りや成長を認めたり
次への気づかせることができれば、
 
ほんの少しのお膳立て
「できた!」という体験になれば
 
 
それは、立派な成功体験になります。
 
 
 
例えば、
我が家の息子、小3時のエピソード・・・
 
テストで1つでも分からないことがあると
その時点で解くことをやめてしまいます。
 
私には全く理解ができませんでした。
分かる箇所だけでも解けばいい。
そう思っていました。
 
がしかし、
発達障害 自閉症スペクトラムの特性
をもつ息子に当時理由を聞いたところ
こう話していました。
 
 
「一つでも分からないなら100点じゃない。
100点じゃないなら、意味がない!」
 
そ、そんなに極端!?
 
とても驚きました。
もし、理由を聞かなければ、
やる気がないのか!コラァ~!と
注意してしまうところでした。
 
 
 
こう息子には伝えました。
 
 
 
それだけ100点満点をとりたい!
頑張りたい!という気持ちがあるんだね。
 
テストの100点は確かにスゴイけど、
問題を読んで、考えて、書くのを
最後まで諦めずにやる方が
もっと大事だと、マミーは思うよ。
 
 
 
この出来事以来、
テストも、プリントも、
分からないことがあっても
それはそれとして気にせず飛ばして、
分かる所だけでも最後まで解いてみる
ということに挑戦できるようになりました。
 
 
 
 
不本意な結果でも、
失敗体験と一瞬思っても
挑戦したこと、
取り組んだこと、
それまでの過程など
全てが大切な経験であり、事実です。
 
 
 
子ども本人が自力で気づくまで
親や大人が、その子に届く言葉で、
頑張った事実、努力した経過に気づくよう
伝えることが大事です。
 
 
特に発達特性のある子どもには、
その子の特性を理解したうえで、
必要なお膳立てをして環境を整えたり
極端になりがちな捉え方から
バランスをとっていくことが必要です。
 
 
くり返していくことで、
お膳立てが少しずつ不要になったり、
次はどうしたらいいか?
という視点を持てるようになります。
 
 
 
 
子どもの体験が
成功体験になるか、
失敗体験になるかは
親や周りの大人のかかわり方次第
 
 
「失敗させないようにする」とは
親や大人が関わり方を工夫してゆく
ことが大事ということです。
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.