ブログ

発達あるあるから、伝え方の工夫を考える

投稿日:

 
 
発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

 
 
子育てをしていると
 
 
「どうして伝わらないんだろう?」
「何度言ったら分かるんだろう?」
「この前はできていたのに、
 なんで今日はできないの?」
 
 
と思うこと、ありませんか?
 
 
 
我が家の現 小学6年生の息子くん。
発達障害(自閉症すペクトラム)の特性を
もつ息子。
 
 
「何度言ったら分かるの?!」
「どうして伝わらないの?!」
 
 
朝から晩まで怒ってはキレ、
酷い時は息子と取っ組み合い。
最悪は家出。
息子は、近所を。
私は、玄関先に座り込む。
もう、限界・・・・・
キレても、怒っても意味がないことは
頭で分かってるけど、
どうしても、理解不能でした。
 
 
たとえば、我が家のエピソード。
発達あるあるですが
こんなことがありました。
 
 
 
ランドセルに教科書ノートは入れて
帰ってくるけど、
なぜか、筆箱だけ持って帰ってくる
が出来ない。
 
 
まったく、不思議。
だって、筆箱持って帰って来ないと
宿題するときに鉛筆なくて困るでしょ。
(実際には鉛筆一本くらい、家にあるので
さほど困らないでしょうが、いつも使っている
鉛筆は筆箱の中なので、困る。)
 
 
 
何度も、何度も言いました。
 
 
 
「筆箱も持って帰ってくるんだよ!」
 
 
 
「うん!わかった~!」
 
 
 
 
 
 
 
そして、
ある日、筆箱も一緒に帰ってきました。
 
 
 
 
「マミー、今日はちゃんと筆箱持って帰ってきたよ!」
 
 
 
「おー!すごい!マミーが言ったこと
覚えていてくれたんだね。ありがとう!」
 
 
 
息子と一緒に筆箱から鉛筆をだして
宿題をしようとしたら・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中身、空っぽやん!!!
 
 
 
 
 
 
「あのー、中に入ってた鉛筆は???」
 
 
「お道具箱の中だよ~」
 
 
 
「・・・・・・・・・・・・
お道具箱の中?どうしてお道具箱の中?」
 
 
 
 
「だって、その方が使いやすいから。」
 
 
 
「あ、そうなんだ。。。」
 
 
 
「ね。ちゃんと筆箱持って帰って来れたでしょ。」
 
 
 
 
息子は得意気です。
 
 
 
発達障害、自閉症スペクトラムの特性として
「言葉を字義通りに捉える」特性があります。
まさに、その特性の表れ。
 
 
 
私自身、発達特性について
勉強不足だったころ
こんな息子とのやりとりに毎日キレていました。
 
 
でも、発達特性をしったら、
こんな息子とのやりとりが、面白くなりました。
 
 
 
”あぁ~こういうことか・・・”って。
 
 
 
すごく困る症状というか現象。
だけど、見方を変えると
すごーくすごーく素直なんだと思いました。
 
 
 
ということは、
 
 
 
字義通りにとったときに
その行動ができるように伝えればいい!
 
 
 
ということに気づきました。
でも、これ、意外と難しいと思います。
いちいち、アンテナ、意識をたてて
言い方を考えなければならないから。
 
 
過去に、外国人のための
日本語教師、日本語教師の育成講師
をしていたこともあって、このあたりは
意外にスムーズに取り組むことができました。
実際にはこう伝えました
 
 
 
「筆箱の中に、鉛筆5本と消しゴムを入れて
持って帰ってきてください。」
 
 
 
こう伝えてからは、鉛筆と消しゴムも
一緒に帰宅されています(笑)
 
 
 
ここまで言わないといかんのか?!
 
 
そう思うこともあるけど、
日本語の特性を知っていれば
案外できるものです。
 
 
そもそも、私たちは日本語を無意識に
話しています。
 
 
少しの意識でそれが出来るようになる。
だって、日本語を無意識に操れるほど
日本語話せるんだもん。
 
 
 
そのコツについては、
少し長くなるので、また次回に。
 
 
 
 
 
 
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.