ブログ

「大丈夫!」を過信してはいけない

投稿日:

 

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

 
 
 
「大丈夫!」
 
 
 
あなたの大切な人が、
そう言ったら、
あなたは「大丈夫なんだね。」と思いますか。
 
 
 
「大丈夫!」という言葉。
日常でも良く使いますね。
 
 
 
「大丈夫」には、
いろいろな温かい思いやりの気持ちが
つまっているように感じます。
 
 
 
「大丈夫よ!気にしないで!」
「大丈夫よ!ありがとう!」
 
 
 
でも、
「大丈夫!」には、
思いやりだけでなく<HELP!>
入っている時があります。
 
 
 
つまり、
「大丈夫!」を過信してはいけないとき
があります。
 
 
 
 
少し、個人的な話になりますがご容赦ください。
 
 
 
「大丈夫!」
 
 
 
8月に急死した母が
よく私に言っていた言葉です。
 
 
 
母は東京下町育ち。
とても勝気で、頭の回転がはやく
でも、ちょっと変わり者で頑固者。
頭の回転以外は、私も似ているかもしれません。
 
 
 
その母が生前良く言っていたのが
「大丈夫」
 
 
 
年齢と共に足腰が弱り
買い物も一苦労。
物忘れも強くなってきて、
話せば、何度も同じことを聞いてくる。
トイレも間に合わない時も増えてきていました。
 
 
 
ヘルパーさんをお願いしても、
すぐに喧嘩してしまう。
デイサービスに行っても
やっぱり口が達者でちょっとトラブル。
そのたびに、スタッフやケアマネから
連絡があり、謝罪をする。
 
 
 
勝気で口達者で頑固者な母。
それと同じように勝気な娘の私なので
「いい加減にしなさいよ!」
「ちっとも大丈夫じゃないでしょ!」
と、喧嘩になることもありました。
でも、弱ってきている母を目の前に
「そうだね、そうだね。」と話を聞いて、
最後は面白おかしく話を持っていき
喧嘩を収束させるようにしました。
 
 
 
いつも私の気持ちの中では
こんな想いがありました。
 
 
 
『あの性分は、言っても聞かない。
何度も転んでるのに、
何度も大変な思いしてるんだから
大丈夫じゃないでしょうに・・・
でも、本人が「大丈夫」というなら
本人が「大丈夫じゃない」と自覚するまで
様子を見るしかない。』
 
 
 
そして、
母の勝気で口達者で頑固な性格が
結果としては災いし
実際に母の所を訪問していた
ケアマネ、ヘルパーともに
訪問日に応答がなくても、


「元気な立川さんだから
きっとお出かけになったんだろう。」
 
 
そう思って引き揚げてしまったそうです。
(同じ福祉職として誤った判断だったと
 思います。が今となっては取り返しが
 つかないことです・・・)
 
 
その結果、
コロナ渦のなか、夏の暑い時期に
母を孤独死させてしまいました。
 
 
 
母の急死からちょうど2ヶ月。
 
 
 
今、私は確信しています。
もう、遅いけど、
 
 
 
母の「大丈夫!」は
心配かけまいとした母なりの
親として私への最後の愛情だったと。
 
 
「私よりも、○○くん(息子)を見てあげて。」
と常々言っていた孫である息子への愛情だったと。
 
 
そして、母の強がりだったと・・・
 
 
 
孤独死した母の最期は、
明確には分かりません。
情報をつなぎ合わせたり、
想像するしかありません。
無残な姿を発見した時のことは
脳裏に焼き付いていています。
 
 
 
本当の気持ちを分かってあげられなくて
気持ちを分かったようなふりして
偉そうに様子を見てしまって
結局、なんにもしなくて
あんな死に方をさせてしまって
ごめんなさい・・・
 
 
 
でも、私は確信しています。
 
 
 
母が命をもって、
最後に私に教えてくれたこと。
 
 
 
それは・・・
 
 
 
その人の
「大丈夫!」という言葉を過信せず
その人に本当に必要な支援をする
ということ。
 
 
 
その人が生きていく上で
その人がその人らく生きていく上で
本当に必要な支援やサポートをすること。
 
 
 
 
本人が気づいていない場合がある。
その人を支援する支援者すらも
気づいていない場合がある。
 
 
 
私のように、サポートする人間が
必要な支援に気づいていても、
本人が気づいて要請するまで
様子を見たり、待ってしまうこともあります。
 
 
 
子育ての場でも
障害雇用の場でも
こういった姿勢、
多いのではないでしょうか。
 
 
 
もちろん、見守ることは必要です。
でも、過度に見守ることはいかんのです。
 
 
 
母のように言っても
 聞かない人もいるでしょう。
母のように言っても
 反発する人もいるでしょう。
母のように
 自分を過信したり強がったり
逆に周囲が過信して、
 様子を見てしまうことがあるでしょう。
 
 
 
でも
本当に必要なことは、
本人がどう感じようと、思おうと
まずは伝えて、サポートの輪を
繋げていく必要があります。
 
 
 
そのためには、
支援者側の力量、センスも必要です。
 
 
 
実際に、私は、障害雇用の現場で
発達障害、精神疾患の方がたの
サポートをしている福祉職として
その人に必要だ!と思ったことを
指導する場面があります。
でも、拒否される時もあります。
 
 
 
一人の発達障害(自閉症スペクトラム)
の特性をもつ子どもを育てる親として
息子に必要だ!と思ったことを
話しても、逆ギレされたり
ふて腐れたりするときもあります。
 
 
でも、
自分の知識と技術、そして直感を信じて
その人との対話や周囲の様子も加味して
その人に真に必要なことを
サポートしていく。
 
 
とても必要なことだと思います。
 
 
だから私は
母が命を懸けて最後に教えてくれた
このことを日々の家庭や支援のなかで
心の指針にしています。
 
 
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.