ブログ

小学6年生 折り紙で物事の神髄を知る

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

折り紙を折るのは面倒くさい。
 
でも、
 
折り紙の本を見ながら
 
折り方が分かると楽しくなる。
 
だって・・・
 
次からは何度でも自分でできるから。
 
 
 
 
我が家の小学6年生の息子。
趣味:折り紙と将棋
特技:折り紙と将棋
の息子が言っていた言葉。
 
 
 
ものすごーく難しそうな
(というか、本当に難しいらしい)
折り紙本にしてはお高い
(はい、プレミアついている本もございます)
有名な折り紙作家さんの本
(はい、世界的に有名な方らしい・・・)
 
 
普段は姿勢がダラァ~の息子が
折り紙の時だけは
正座をして、姿勢正しく、
折り紙を折る姿は、
 
 
あまりにギャップがあって
可愛いとオモシロイ!なんですが
その息子が言っていた言葉。
 
 
 
 
物事の神髄
 
 
 
だと思うんです。
 
 
 
 
無数にある折り紙作品。
それを教える、覚えるというのは
限界があります。
 
 
でも、
その無数の折り紙作品には
共通する折り方があります。
 
 
 
そして、
その表記はどの本も大抵同じ。
 
 
 
だから、
作品を折る時に、
その作品の折り方手順を
見る、折る、作るだけでなく
折り方も覚える。
 
 
 
折り方が分からない場合、
大抵、本の目次の後に
折り方の説明一覧が載っているので
そこに戻って確認する。
 
 
 
どんなに複雑な折り方になろうが
全てはその「折り方」の集合である
 
 
 
ということを、
我が家の小学6年生の息子は
体感として分かっているんだな~
 
 
 
と、痛く感心しました。
 
 
 
これ、勉強にも通ずることだと思います。
 
 
 
文字の書き方。
数字の書き方。
無数にある漢字。
学年ごとに覚えねばならぬ漢字。
四則計算。
科目も、学年が上がるほど増える。
 
 
勉強。
覚えること、やるべきことが
たくさんあります。
 
 
科目ごとに、
その単元ごとに、
すべてを教える、覚えることは
限界がある。
学年があがり、
息子に宿題を聞かれても
 
 
 
うぅん???
なんだ、この計算の仕方???
なんて感じるときがある。
 
 
 
でも、息子が言う通り。
 
 
 
大事なことは
やり方を知ること。
 
 
 
勉強のやり方、方法
さえ身につけば
あとは、自学に向かえます。
 
 
 
そのやり方とは、
 
 
 
分からないことを調べる力
 
 
 
漢字なら辞典、教科書やドリル。
場合によっては、
漢字分解法とか・・・
(漢字をつくり、へんなどにわけで考える)
読み方なら訓読みしてみるとか・・・
(訓読みの中に意味ありきという
日本語の特性)
 
 
 
②人に「きく力」「質問する力」
 
 
 
何ごとも自力で取り組む前には
他力があります。
 
 
誰かに教えて頂く。
教え導いて頂く。
 
 
 
子どもでも、大人でも、
自力で厳しければやっぱり最後は
人に頼る、きく、質問するが必要になります。
 
 
 
この2つ
 
 
 
分からないことを調べる力
 
②人に「きく力」「質問する力」
 
 
 
日常のなかで、これらの力を養う場面は
たくさんあります。
ちょっとでも意識してみると、
大人でも、子どもでも、
勉強も、趣味も、
楽しくなるかもしれません。
 
 
そして、子どもの場合は、
間違いなく、自立と自律に繋がります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.