ブログ

発達障害 言葉遣いの違和感

投稿日:

発達障害専門 他力力育成カウンセラー
立川洋子です。

 

発達障害の特性を持つお子さんとの
会話のなかで、なんか良く分からないけど
違和感を感じるとき、
ありませんか?

 

例えば、我が家の今日のエピソード。
お恥ずかしい話ですが、
我が家の息子は(小学6年生、発達障害
自閉症スペクトラム)
お風呂上り、殆どタオルで拭かずに
ほぼ濡れたまま廊下を歩き、
部屋に向かいます。

 

これ、かなり私としては迷惑!
息子が歩いたあとを掃除しなきゃならんし
ものすごく面倒。

 

何度も、何度も、
それこそ、
何年も、何年も、
口酸っぱくして
「体をタオルで拭いてから出てきて!」
と言っていますが、全く聞き入れない。

 

というか、多分・・・

 

面倒くさい!

 

だと思う・・・
そして、ほぼ濡れたまま出てきて
自然乾燥させるか、
そのまま肌着とパジャマを着る。

 

全く理解ができんし、
健康上も、マナー上も宜しくない行為
だと思うので、毎日のように伝えています。

 

「体をタオルで拭いてから出てきて!」

 

で、
今日もお風呂に向かう時から伝えたところ
珍しく、ちゃんと拭いて出てきたんですが
その時、息子が言ったことがコレ。

 

「ねぇ、拭いてきてあげたよ!(^^)」

 

体を風呂場で拭いてきてあげてから出てきたよと。

 

いやいや、風呂場から出るときにタオルで
体を拭いてから出てくるのは、
健康上も、マナー上も普通のこと。
一般的に、普通のことなんです。

 

がしかし、
私が「拭いてから出てきて。」と言ったから
息子は「拭いてきてあげた。」と・・・

 

息子の言葉遣いにものすごく違和感!

 

でも、こういった
一般的には常識、普通のことが
ちょっと出来てなかったりして、



こうするものだよ。
~してね。

 

などと伝えると、
言われたからした、という意味で
上記のような「~してあげた」という表現を
することが多いです。

 

でも、コレ、世間一般常識で考えると
すごーくやっぱりおかしな言葉遣いだと
思うし、今後の対人関係のトラブルや
誤解にもならないとも限らない。



だから、
お願いしたことを忘れずにしてくれたことに
「ありがとう!」を伝えたあと、

 

湯冷めして風邪をひかないためにも、
マナーとしても、お風呂場から
タオルで拭いてから出てくるのは
当たり前のことだから、
「してあげた。」という言い方よりも
「したよ。」と言うだけでいいんだよ。



と、どんな言葉遣い、言い方が良かったか
伝えました。

 

会社で発達障害の特性を持った方の
ジョブサポート、ジョブコーチをしていると
成人の発達障害の方でも、今日の我が家の
息子のような、言葉遣いに違和感を感じる
表現をされる方がチラホラいます。
社会人では大いに誤解のもとになります。

 

「違和感」を感じる、感じない自体
個人差があるとは思いますし、
常識やルールもその時代、その時の
社会状況によって変化はしますが、
一般的なこと、特にマナーや一般的常識、
対人関係に関することは、
その都度教えていく必要があると思っています。

 

だって、積み重ねや経験することで身につく
ことだと思うから。

 

特に言葉はその人の価値表現の一つだし
日本語は相手との関係性で言葉の使い分けもある。

 

だから、言葉遣いや言い方によって
誤解されたり、対人トラブルになりうる。


だから、違和感を感じるたびに


その言い方や言葉遣いだと
どんな印象を与えるか
どんなトラブルや誤解が起こり得るか(リスク)
どんな言い方や言葉遣いがよいか(今後の行動)


教えていくことも
大人として、親として、必要なことだと思っています。

 

 

 

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.