ブログ

「このくらい」の「普通」が分かりません

投稿日:

立川洋子です。

梅雨の雨がずっと続いていて、
じめぇ~っとしています。

発達障害の特性を持っている人は、
「感覚過敏」「視覚優位」の特徴
を持っているとはよく言われますが
我が家の息子も例外ではありません。

今の時期のような雨の朝だと
「雨」=「冷たい」=「寒い」
というイメージが先に立ち
梅雨独特の「蒸し暑さ」は
あまり感じず、長袖を羽織っていこうとします。

感覚は人それぞれ個人差があります。
でも、蒸し暑いのに長袖パーカーを
引っ張り出して着ていくとなると
体温の上昇、熱中症など
体調や気分に影響が出るといけません。

体が心配です。

また、場合によっては、
暑い時に長袖など来ていると
「おかしい」と他者から思われる
可能性もあります。

自閉症スペクトラムの特徴に
相手の気持ちなどを想像できない
とありますが、
ものすごく平たく言うと

「自分本位」ともいえます。

相手目線で同じ物事を見た時
どう感じるかが想像できないんです。

でも、

「へん!」とか「おかしい!」とかは
思われたくない。

だから、
教える」ということが大事。

ただ、「教える」ではなく
年齢にもよりますがある程度
「自分で判断できる」
「自分で考えられる」
ようにするために一工夫が必要!

それは、


「考えるための基準や材料」

を一緒におしえるということ。

結構

「このくらい普通分かるでしょ!」

と、思ってしまったり
実際に言ってしまったり
していないでしょうか。

でも、この

「このくらいの普通」

というのが伝わらない、
伝わりにくいんです。


「1から10まで言わないとダメなのか?!」


と、それを考えただけでため息
をつきたくなるときがあります。
実際にため息が出るときが
何度もありましたし、
今もあります。

ものすごく「手間」「面倒!」です。

うん!面倒!

でも、その手間を省いて
あとから親子喧嘩や体調不良などに
なるくらいなら、


いつまでも、
季節や気温に応じた装いが
自分で判断して出来ないのは

自立や自律から遠ざかってしまう!

と、私は思います。


だから、

そのひと手間、ふた手間を
本人が自分でできるようになるまで


「教え」「繰り返し声をかけて」いきます。

ちなみに、我が家では

1、毎朝天気予報の気温を確認。

今の時期なら最低気温
20度未満なら薄手の長袖
20度以上なら半袖OK

2、室温計も確認。

室内は少し温かめであることも確認。

これで何を着ていくか概ね判断。



でも、感覚的に息子本人が
納得できない
判断できない
というときがどうしてもあるので、
そういうときは・・・

ちょこっと外に出て外気を体感!

 

そして、最終判断を「本人」がしています。

 

明らかに「う~ん?!」という
結論を出すときもまれにありますが、
それも「ま、経験」として・・・(汗)

 

こうして、

判断、考えるための
「基準と材料」を教え、
自己決定させる。

そして、

見守る。


失敗や成功をくり返しながら
体得、学べんだことは
その子の自信に繋がる
と思うから。。。

『他力力』を知っていますか?
それは、発達障害の特性をもつ子どもにも、その子どもを支える親にも必要な力です。しかし、同時に親子が最も苦手とする力ともいえます。(私のジョブコーチ・サポーターとしての経験と個人としての経験上)
当サイトの駆け込み相談室では、今直面している問題改善と将来の自立と自律に必要な5つのポイントと共に、読むだけで、『他力力』を育成する無料メール講座を配信しています

・目の前の問題改善をしたい

・子どもの将来の自立と自律に必要なことを知りたい

・子どもの癇癪、パニックの対処を知りたい

・子どもを怒鳴ったり叩いたりするのをやめたい

・子どもの本当の気持ちをしりたい

・子どもに合ったサポート方法を知りたい

・子育てを楽しみたい

・親子で本当は笑顔になりたい!

1つでも当てはまる方は、今すぐ登録してください!
ご登録はこちらをクリック

発達障害専門『他力力』育成カウンセラー
立川 洋子

ご質問や簡単なご相談はLINEを活用して頂けると、早く返信できます。

Facebook:https://www.facebook.com/kakekomisoudan/

E-Mail:info@tatsukawayoko.com

-ブログ

Copyright© 立川洋子オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.